ぼっちママのぼちぼち育児

わんぱく男児とぼっち気質ママの日記。

卒園式でした

コロナウイルス関係でばたばたしつつも、卒園式は執り行われて良かった良かった、といったところです
卒園式では思いっきり泣きたいからビデオはやめる!と思ってたのですが、業者のビデオ販売がないと聞いて「ほんならもう最前列で心置きなくビデオ回すことで泣くことに集中してやるわい!」と結局今回も朝はよから並んで来ました
さぶかった
まあこれが最後のおつとめとおもえばね
たえれる ギリ


そんで式では泣いたかというとあんま泣かなくてw
勿論じわっと来たところもあったりしたんだけどなんか換気全開窓全開でホールが寒すぎてそれどころでなかったのと、役員挨拶とかが草すぎて気持ちが萎えちゃったのとでなんとなくしんみりした気持ちに浸れなかったりとか

園も先生も役員やるような人達も基本暑苦しいというかワンフォーオールオールフォーワンみたいなくどいノリに最後まで気持ちがついていけませんでしたが『世の中のいろんな面倒なことはこういう陽キャの人達が回しているのかなあ』みたいな達観をくれたなぁとは思う 


まあ卒園式自体は開催されて良かったと思う 先生達も大変ではあったんだろう
お引越しするお友達にささやかながらプレゼントも渡せたし、園庭ではしゃぐ子供らのアホポーズも撮れたし
3歳4歳の時の担任はクラス変わってもうちの子のことよく見ててくれて最後まで信頼が厚かったのでちゃんと挨拶できて良かったし子供と一緒に記念の写真も撮ってもらえたよ 
5歳の担任は…なんか保護者達と喋るのに忙しそうだったから挨拶してないやw まあいいや、そんなに好きじゃなかったしw


個人的にはもうちょっと派手に泣きたかったけど多分『感動して泣く』って行為も気持ちの余裕が必要なんだろなあ 人が多くて騒がしいのと着慣れないスーツと足が痛い靴と寒い会場と暑苦しい役員らのせいで泣く気分でなかったんかも

家に帰って暖かい部屋で楽なカッコしてぼんやりしてるとだんだん実感湧いてきてさ
息子くんに「卒園式終わってどうやった?」って聞いてみたらしばらく考え込んだあと「ちょっとさみしい、かな?」って返ってきたあたりでウルっときてしまった

式終わってわーって友達と園庭走り回ってただただ遊んでるように見えても子供なりにちゃんと卒園の意味は理解してるし、もしかしたら『ここで友達と遊ぶことはもうない』と分かった上での行動かもだし、そういう寂しさを言葉にすることも出来るし、でもなんとなく言葉で表しきれない気持ちがあって「今日は制服着たまま寝る!」とか言っちゃうのかもだし

小さい小さいと思っていてもやっぱりちゃんと成長してるんだなあと、本当に制服着たまま寝ちゃった寝顔を見ながらしんみりするわけなんだよねー

にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ