ぼっちママのぼちぼち育児

わんぱく男児とぼっち気質ママの日記。

皮膚科と保湿

鼻の日焼けあとが少しヒリヒリしてるのと、ずーっと治らないニキビがあるのとで面倒だけど皮膚科行ってきた

にゅっと押し出して即終了 保険診療です
患部清潔にしてるのに治らね〜な〜ってずっとモヤモヤしてたのがこんな一瞬で治るし跡も残らないし
『皮膚科はステロイド出すだけのお仕事』とか思っててほんますんませんした


割と少なくない人の中にある『皮膚科へのネガティブな気持ち』ってのは、やっぱりそれまでに良い医者に当たらなかったことが大きくて、
患者の気持ちに寄り添わない対応(症状を訴えても鼻で笑われる、丁寧な説明をされないetc)だとか、ずっと通ってても改善しなくて「もういいや」って気持ちになったりすることとか、あとは大概の皮膚科は常に混雑していて『待ち時間の割に診察時間が短い』と感じることとか
そんなところですかね

ステロイドはなんか怖い」って情報は一体人生のどの段階で植え付けられたものなんだろう……気がつくと皆「でも強いステロイドはちょっと怖いわよねー」みたいなノリになってる(私もそうだった)
実際、ちゃんとした医者がちゃんと指導してくれたら乳児湿疹などはステロイド短期間塗布で治るんだというのは子育てしてて分かったことの一つ

まあそういう偏見や先入観って家族・知人からの伝聞や書籍・テレビとかから植え付けられていくんでしょうね 「本当は怖い○○」とかさ
昔より医療について専門医からの発信も多くなって、自分で調べられることが増えて良い時代になったなと思う
最近はTwitterで「信頼できそうな医療クラスタ」(特に皮膚科)の発信を参考にして肌トラブルどう対処すべきかなど情報収集してるけど、ダイエット効果を謳う健康食品/サプリ/漢方薬エビデンスがない話とかの辛い現実を知る事になります……

「テレビのこの情報はデマ」
「化粧品メーカーのこの情報はデマ」
インフルエンサーのこの情報はデマ」
みたいに世間がいかにデマまみれかとげんなり そういうデマを信じる人もまた多いんだよな……
まあ化粧品関係にかぎらず医療でも政治でもそうだよね メディアの無責任
コロナ対策は無駄だとか子供は重症化しないとかワクチン効かないとか、そういう言説をそのまま流して結果世間に与える影響には何ら責任持たないんだもんな〜
好きなタレントも嫌いになるし害しかないのでワイドショーは一切シャットアウトしてテレビ自体ほぼ見てません🫠


まあさておき
私の独断と偏見に基づき取捨選択した情報によると

・保湿はヘパリン類似物質を0.3%含む「第二類医薬品」で! ※医薬部外品ではない

てのは鉄板のようです 高い美容液買わなくて良いようだ やったね
しかも皮膚科いかないでも市販の医薬品でOKなの助かる🤗

にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ