ぼっちママのぼちぼち育児

わんぱく男児とぼっち気質ママの日記。

全部終わった今だから言うんだけど

夫が今の会社退職するわっつって春頃から話をしてて、ここ1〜2ヶ月は毎日転職エージェントやらなんかしらの打ち合わせが入っててずっと家がバタバタしてたのでした


まあねー
40代も後半に差し掛かろうというのに!
子供と妻と家のローンをかかえてるというのに!
それでも退職しますってんだからまあ覚悟は相当なもんだったんでしょうね!
一応貯蓄もあるし私も収入なくはないし妻としてはここ一番支えてやらねばなー、と静観してたんだけど
いざ正式に退職しましたよって段階で旦那が健康保険や年金の手続きについて全くなーんにも考えてないことが発覚したのだった は? クソかよ


「いやいやまあでも無職期間もそんなに長くないだろうし〜、とりま私んとこの扶養に入っとけばオールオッケーモーマンタイっしょ〜」って私もかる~く考えてたんだけど、

被保険者の標準報酬月額が低いですね
→この収入で世帯を支えているとは考えられない
→夫のこれまでの収入(貯蓄)で生活をしている場合は「妻の収入で家族を扶養している」とは判定できない
→扶養認定ならず

ってことで無理でした マジかよ


まさか健康保険の話で『うわっ……妻の標準報酬月額、低すぎ……?』っていきなりdisられるとか思わんかったわ 

後で年金事務所に色々手続きに行ったときに「ああ〜組合の健保は(扶養の認定が)厳しいんですよね〜」って言われたからそうらしいです うざ


ほんで健康保険を任意継続にするのか国民健康保険にするのか、いつまでに申請すればいいのか、子供の健康保険はどうするか、退職に伴う特例免除とはどんな制度なのか、ほかに何か使える制度はないか、前の会社から送ってくるはずの書類はどうなってるのか、

ってかそもそも本人が前もって考えとけばもっとスムーズに済んだ話やろうがー!!!!!

って幾度となくキレそうになったけど退職1ヶ月でちゃんと再就職決めてきたので水に流してやることにしました
フフフ……内助の功………(LINEで延々キレ散らかしてたのは秘密)

にほんブログ村 子育てブログ 高齢ママ育児へ