ぼっちママのぼちぼち育児

高齢出産のち男児持ちになりました。ぼっちママの育児記録。

ものを処分するとせつない

息子くんが0歳のころ、これを使ってました。


ベビーサークルというやつです。
そんな広い家でもないし、ペット飼ってるわけでもなく
サークルなど無くても赤ちゃんの安全くらい守れそうなもんなのですが、

その当時の我々には、「完全に安全な家」ってのが作れなかったってのもあるし
そもそも安全に完全などない!って思ったのもあるし
あと初めてのベビーに対して過保護気味だったせいでもある

トイレ行ってる一瞬で、もし何かあったら困るやん? 
転んで頭打ったりしたらかわいそうやん?(過保護


ヨチヨチから伝い歩きになり、サークル内で大人しく遊ぶ時期も過ぎてからは
しばらく物置に眠っていたのですが
この度はれて他所のおうちに貰われていくことになりましたニコニコ

は〜邪魔な家具が1個片付いたわ〜
という晴れ晴れした気持ちがもちろんあるんだけど、

息子くんが一生懸命あそんでたパネルも、メロディボタンも、サークル使わなくなってからも思い出したように遊んでた電話のおもちゃも、
これからは他所の赤ちゃんが遊ぶんだな〜
もうあの騒がしいメロディも聞くことが無いんだなあ〜
とかも思ってちょっとしんみりしたりもする

思い出の品……ではあるしw
特に、赤ちゃん時代を思い出すものだからだろうな〜
プーメリーを処分した時も、ちょっとしんみりしたw
親心は複雑である照れ

広告を非表示にする