ぼっちママのぼちぼち育児

年中さん男児とぼっち気質ママの日記。

運動会当日のことを誰かに言いたいけど言う相手がいない

f:id:emanonsan:20181008175746j:plain
運動会無事に終わりました。

興奮冷めやらないので誰かに話をしたいけど、
パパは「はいはい終わった終わった良かった良かったおつかれさん」って感じでもう運動会のことなんて話すのもしんどいよって素振りなのである…
独身の友達だと、聞いてはくれるかもだけど興味ないだろうし…
ママ友相手だと、マウントにならないよう卑屈にならないよう話題を選ばねばと色々考えすぎてうまく話せんし…


お遊戯が超バッチリにめちゃくちゃ良く撮れたっていう自慢

二つあるお遊戯のうち一つが超絶ばっちり上手く撮れた!!!
子供がカメラににっこにこの笑顔で手振ったりばっちり目線くれて決めポーズしてくれたりしたので、ビデオとしての出来は勿論写真を切り出しても最&高な出来だったーーーーふぉーーーーーー

でもその最高オブ最高の結果は、
「陣形移動→予定の立ち位置が渋滞→息子くん急遽別の位置へ移動 →カメラのど真ん前」
という超絶ラッキーによって引き起こされたのだった

事前に先生に聞いてた位置とも、予行で見た位置とも違ってたww 超ラッキーだけど複雑www

お遊戯1とお遊戯2の場所移動を予測して、お遊戯2がよく見えるだろう位置に場所を取ってたのだが、2は移動やらなんやらで正直微妙、っていう結果だったのよね。
でも1がばっちり撮れたから、これはもう結果オーライだな〜〜。


コミュ障だって火事場の馬鹿力

数少ないママ友に「もしうちの子が写ってたデータがあったら下さい!」って根回ししたり、当日に観覧席最前列の人と交渉して撮影の時だけスペースの端っこに入らせてもらったりしたよ!

すごいな私!コミュ強じゃん!!(図々しいだけとか言わない)

誰も褒めてくれないので自分で自分を褒めておく
撮影場所交渉は、たまたま前の席の人がいい人だったので、これまた運が良かった。


ママ友は「今日は頑張ったけどいい写真撮れなかった~>_<」みたいな反応ばかりだったのですが、
これは『実際に全体的に撮影が上手くいかなかった』か、
『自分の子はうまく取れたけど他所の子までは手が回らなかった(って言うと角が立つのでマイルドに言ってる)』かのどちらかだと思うけど。

でもわかる…
自分でビデオ撮影してみて、とてもじゃないけど他所のお子さん撮ってる余裕なんてなかったわ…
動きの速いリレーはいわずもがな、場所がある程度固定されてるお遊戯でさえ、自分の子のベストショット追いかけるのだけで必死だもの…


「ママ友根回し」は、ぼっちのなけなしのコミュ力を大量消費する大技だが、お子様の映ってるデータがあれば差し上げたり、当日の演目について話す機会があったりと、親密度を上げる観点からは結構いいかも!


撮影機器の熱暴走に注意

息子君の演目が全部終わり、観覧席の撤収作業もだいたい終了
閉会式までまだ時間あるからちょっとだけデータ確認するか、とビデオの液晶を開く → 電源入らず


ふおおおおおおおビデオが死んだああああああ
ってパパに泣きついたら、多分熱暴走だから、データは大丈夫だと思うよ、とりあえず本体冷まそうね、って帰宅後にさらっと直してくれました
データは生きてました 良かった!!!!!!

こっわ…………
これでデータ飛んでたらママ死んでたわ……………
いや、っていうか撮影前や撮影中に熱暴走しなくて本っっっ当に良かった…………!!!!

「当日急にビデオの電源が入らず…」とか、失敗談としてはあるあるやもんな…
当日めっちゃ暑かったからな~。
撮影終わるまでビデオが持ちこたえたのはラッキーだった。

運動会の撮影は半分以上が「運」でできている……



そして欲望は尽きないものである

かけっこやらお遊戯やら、いざ全部ビデオに収めることができた、あーよかった、ってなったら次は「これフォーカスあってないな」「ちょっとアングル悪かったな」と出来栄えが気になりだすあたり、ほとほと貪欲なママである。

そして「来年はもっとうまく撮りたい」となる…そしてそのためには何が必要かを検証しはじめる…
当日は結局移動せずずっと観覧スペース(最前列)からの撮影だったんだけど、撮影ポイントとしてそれがベストだったかどうかというと、うーん、何ともいえない。

最前列≠ベスト撮影ポイント、っていう可能性を考えると、来年は並ぶのは辞めて、ベスト撮影ポイントを求めて運動場を脚立片手に駆けずり回ることになるかも。