ぼっちママのぼちぼち育児

年中さん男児とぼっち気質ママの日記。

妻が専業主婦になると夫はどうなるか

別に他意はないんだけど君が仕事してた頃と今とであまり変化がないよねー、と夫に言われました。
つまり、妻が仕事を辞めた事によって自分の育児負担が大幅に減るわけでもなく、生活が一変することもないよな、と言いたい模様。


いやー、変わってないことないんですよ?
子供のおもちゃがリビングに常に溢れてたり、(見ないようにして端っこに避けてた)
洗濯物は常にタワーになってたり、(見ないようにry)
空気清浄機の中のメンテが年単位でできてなかったり、(ちょっとスクショ撮れないくらいの酷さだった)
色々酷かったのを改善したんですよ?
カラボ買って自分で組んで収納増やしてこれまでより断然片付いてるんですよ?
貴方がその辺あんまり気にしないタイプだからですよ??

気にしないタイプは、忙しい時はありがたいけどいざ片付いた時も違いが分からないのが難だね…


まあその辺の家事関係はともかく、たしかに育児負担はそんなに減ってはいないかも。
っていってもさあ、子供が「パパと保育園行きたい!」って言ったら連れて行って欲しいやん。
子供が「パパと戦いごっこしたい!」て言ったら遊んでやって欲しいやん。
いくら子供がママ大好きって言ったって、パパと遊びたい日も多くあるんだよ…



たしかに一般的には妻が兼業から専業になることによって、夫は妻に「自分の家事・育児負担軽減」を期待するよね。
保育園の送り迎え、土日子供と遊ぶ担当、これまで分担していた家事、この辺を全て妻に任せるようになる、等。

夫からすれば『時間に余裕がある方が家事育児負担を大きくするべき』だし、妻からすれば『夫は仕事ばかりで家庭のことに参加しない』になり、
そんで夫婦間がギスギスするんだよね。眼に浮かぶようだわ。

私個人の感想としては、兼業専業両方経験すると正直、「専業やっぱ楽だわ」って思うところは大きい。
だから自分の負担が減った分だけ夫を労わる、それによって夫は妻に感謝する、という良いサイクルへ持っていけるのが一番良いんだろうねー。